クチコミの評価
3.51
クチコミ
3.51
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
3.50
ストーリー
3.50
演出・テンポ
3.50
映像
3.50
音楽
3.50
心に残る
3.50
詳細情報

解説
猟奇事件を追う2人の刑事の活躍を描いたミステリー・アクション。監督・脚本は「アサシンズ」のマチュー・カソヴィッツ。原作・脚本はジャン・クリストフ・グランジェ。撮影は「ウーマン・オン・トップ」のティエリー・アルボガスト。音楽は「ミクロコスモス」のブルーノ・クレ。出演は「RONIN」のジャン・レノ、「ジャンヌ・ダルク」のヴァンサン・カッセル、「世界でいちばん好きな人」のナディア・ファレスほか。

2000年製作/106分/フランス
原題:Les Rivieres Pourpres
配給:ギャガ=ヒューマックス(ギャガ・コミュニケーションズ=テレビ東京=ヒューマックスピクチャーズ提供)
劇場公開日:2001年1月27日

ストーリー
アルプス山脈の大自然の中。裸で目がくりぬかれ手首が切断され、胎児のような形に縛られている変死体が発見された。パリから派遣されたベテラン刑事ニーマンス(ジャン・レノ)は捜査を開始し、アルプス山脈の麓にあるゲルノン大学の閉鎖的な雰囲気に、秘密の匂いを嗅ぎ取る。一方同じ頃、墓の盗掘事件と小学校での強盗事件を調査中の若手刑事マックス(ヴァンサン・カッセル)は、二つの事件に共通してジュディット・エローという少女の死が関係あることに気づき、その点からゲルノン大学に疑惑を抱き始めていた。ニーマンスは、死体の発見者であるゲルノン大学で雪崩の仕組みを研究している女性、ファニー・フェレイラ(ナディア・ファレス)に話を聞きに行く。彼女も大学の閉鎖的な雰囲気に反感を持っているが、必要以上のことは話そうとしない。マックスは、修道院に引きこもっている亡くなった少女の母親(ドミニク・サンダ)に会いに行き、やはり少女の死に関係のあったゲルノン大学へと向かう。そしてニーマンスとマックスは出会い、行動を共にする。やがて猟奇事件の犯人が現われた。それはかつて死んだはずの少女ジュディット・エローであり、それはファニーの双子だった。犯人はニーマンスとマックス、そしてファニーに襲いかかるが、雪崩に巻き込まれ死んでしまうのだった。

解説
フランスでベストセラーのミステリー小説を映画化した「クリムゾン・リバー」の続編。今回はリュック・ベッソンによるオリジナル脚本で、ジャン・レノが主人公を続投する。キリストと12使徒をなぞらえた一味を巡る陰謀を追う2人の刑事を描き、相棒役に「ピアニスト」のブノワ・マジメル。

2004年製作/100分/フランス
原題:Les Rivieres pourpres II – Les anges de l’apocalypse
配給:アスミック・エース、ギャガ=ヒューマックス
劇場公開日:2004年5月29日

ストーリー
フランス・ロレーヌ地方の由緒ある修道院で、壁に掲げられたキリスト像から血が流れ出すという奇怪な事件が起こる。さっそくパリから派遣されたニーマンス警視(ジャン・レノ)が捜査を開始。間もなく壁に埋め込まれた死体を発見する。それは十字架のキリストと同じ体勢がとられ、その死体の横には紋章のような印が残されていた。同じ頃、若手刑事レダ(ブノワ・マジメル)は麻薬捜査中にキリストに似た傷だらけの男と遭遇し、彼を病院へ運ぶ。やがて、その男は修道院の事件を調べているニーマンスの捜査線上にも浮かび上がってくる。

1 - 1/1件中
ジャン・クリストフ・グランジェ
3.5
これももう観れなくなるかもしれないから再鑑賞。 フランス映画やフランス小説好きというと嫌われそうだがこれは「ジャン・クリストフ・グランジェ」という作家の原作が面白く、2時間の映画に収まる話ではない。だから雰囲気だけで雑な仕上がりの映画になっちゃっているが、ジャン・レノとバンサン・カッセルと […]
評価
観て良かった
3.5
ストーリー
3.5
演出・テンポ
3.5
映像
3.5
音楽
3.5
心に残る
3.5

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。