クチコミの評価
3.81
カテゴリー
クチコミ
3.81
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
4.00
ストーリー
4.00
演出・テンポ
4.00
映像
3.50
音楽
3.50
心に残る
4.00
詳細情報

解説
復讐を果たし、生きる目的を失った男のその後を描いたドラマ。監督は「蛇の道」の黒沢清。脚本は西山洋一、黒沢清、撮影は「2/デュオ」の田村正毅。主演は「蛇の道」の哀川翔、「みんな~やってるか!」のダンカン。

1998年製作/83分/日本
配給:大映
劇場公開日:1998年4月11日

ストーリー
殺された娘の復讐を果たした新島は、生きる目的を失い、ただ淡々とした日々を送っていた。そんな時、同級生だった岩松に再会、誘われるままにビジネスとして殺しを行っていく。ある日、新島は組織の上部・依田に岩松の監視を命令される。岩松を裏切る自分に嫌悪感を抱きながらも、依田に説得され監視を続ける新島。やがて岩松が暴力団・金政会の会長と接触していることが発覚する。岩松が仕事にかなりのストレスを感じていることを知った新島はカタギになってやり直すことを進めるが、岩松はなかなかその踏ん切りがつかない。その事を隠した報告書を依田は信用し、新島は組織のボス・日沼と会い、そこで金政会の会長を殺すように命令される。だが、岩松の裏切りにより計画は失敗、日沼から岩松を殺す命令が下される。新島が事務所に戻るとすでに岩松の姿はなく、依田も殺されていた。湖で見つけた岩松から日沼を殺すことを告白された新島は、岩松を殺す。そして、新島の前には新たな絶望が現れるのだった。

1 - 1/1件中
B級なのだか一流なのだか良くわかりません
3.8
黒沢清監督は異才で好きですが、B級なのだか一流なのだか良くわかりませんでしたが、これが本領でしょうか?ずっと苦手だった哀川翔も板についてました。ダンカンも。 とってもたけしっぽいし、こんな日本映画があるのなら世界に通用するでしょう。 アベサダオとかもよくわかりませんでしたが、この頃から地味 […]
評価
観て良かった
4.0
ストーリー
4.0
演出・テンポ
4.0
映像
3.5
音楽
3.5
心に残る
4.0

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。