クチコミの評価
3.41
カテゴリー
クチコミ
3.41
5 星
0%
4 星
0%
3 星
100%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
3.00
ストーリー
3.50
演出・テンポ
3.50
映像
3.50
音楽
3.50
心に残る
3.50
詳細情報

幼い娘を殺された男と、彼に手を貸した謎の男が繰り広げる復讐劇を描いたバイオレンス・ドラマ。監督は「CURE」の黒沢清。脚本は「リング」の高橋洋。撮影を「萌の朱雀」の田村正毅が担当している。主演は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の哀川翔と、「RAMPO」の香川照之。16ミリからのブローアップ。

1998年製作/85分/日本
配給:大映
劇場公開日:1998年2月21日

ストーリー
幼い愛娘を暴行の末、殺害された宮下は、偶然知り合った塾の講師・新島の協力を得て、犯人への復讐を企んでいた。ある組織の幹部・大槻を拉致監禁した彼らは、拷問にも似たやり方で実行犯を暴こうとする。やがて、大槻の口から檜山という男の名前があがった。ところが、その名前を聞いた途端、宮下がひどく狼狽し始めたのである。彼は以前、その男と関係を持っており、彼の恐ろしさを知っていたのだ。それでも、次第にイニシアティヴを持ち始めていた新島の勢いに押されて、宮下は檜山を拉致。大槻と共に監禁し、娘を殺害した犯人の名前を吐かせようとする。ところが、新島が宮下に黙って、大槻と檜山にある提案をしてしまう。適当な名前を出して、犯人をでっちあげようというのだ。保身の為に、大槻たちは有賀という名前をあげる。一方その頃、檜山の女・コメットさんが、檜山捜索に乗り出していた。おとなしそうな容貌とは裏腹に、執念深い彼女の手は徐々に宮下らに迫ってくる。そんなこととは露知らず、新島をすっかり信用しきっている宮下は、罪を擦りつけあう大槻らを殺すと、新島と共に有賀拉致に乗り出した。いよいよ捕らえた有賀を連れて、ふたりは宮下の娘が殺害され、その模様がビデオに収録されたある廃工場へ赴く。そこは、新島の娘が暴行殺害された現場でもあった。宮下は、新島の娘もまた、大槻や檜山たちが製作したロリコンビデオの犠牲者だったことを、そこで初めて知る。宮下の行方を追って、工場へやってきたコメットさん一味。宮下と新島は、憎き組織を次々に銃殺していく。だが、その最後に新島が宮下を殴り倒した。実は、宮下もロリコンビデオの販売の担当として組織に絡んでおり、新島はそんな宮下を利用して、組織壊滅を狙ったのだ。宮下を監禁した新島は、復讐の最後として、宮下の娘が殺される模様を収めたビデオを彼に観せるのだった…。

1 - 1/1件中
頭脳明晰
3.4
アンチ日本映画ではなく好きですし暖かく見守っています。けれど好きなのはもはや北野武監督だけです。その昔、黒沢清監督も好きでよく見ていましたが、どうしてこんな才能が新作を作れなくなったのだろう? これはリメイクもされた初期作品ですが、私は個人的に香川照之が好きです。頭脳明晰な方で爬虫類のよ […]
評価
観て良かった
3.0
ストーリー
3.5
演出・テンポ
3.5
映像
3.5
音楽
3.5
心に残る
3.5

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。