クチコミの評価
4.11
カテゴリー
クチコミ
4.11
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
4.00
ストーリー
4.00
演出・テンポ
4.00
映像
4.00
音楽
4.00
心に残る
4.50
詳細情報

過去を偽り聖職者として生きる男の運命を描き、第92回アカデミー賞の国際長編映画賞にノミネートされたポーランド発の人間ドラマ。少年院に服役中のダニエルは、前科者は聖職に就けないと知りながらも神父になることを夢見ていた。仮釈放され田舎の製材所で働き始めた彼は、ふと立ち寄った教会で新任の司祭と勘違いされ、司祭の代わりを命じられる。村人たちは司祭らしからぬダニエルに戸惑うが、徐々に彼を信頼するようになっていく。数年前にこの土地で起きた凄惨な事故を知ったダニエルは、村人たちの心の傷を癒やそうと模索する。しかしダニエルの過去を知る男の出現により、事態は思わぬ方向へと転がっていく。主演のバルトシュ・ビィエレニアが、少年院出身のダニエルと司祭トマシュという正反対の人物像を緊張感たっぷりに演じる。監督は「ヘイター」「リベリオン ワルシャワ大攻防戦」のヤン・コマサ。

2019年製作/115分/R18+/ポーランド・フランス合作
原題:Boze Cialo
配給:ハーク
劇場公開日:2021年1月15日

1 - 1/1件中
刹那の流れ
4.1
ヨーロッパの映画は人間の複雑さ、未熟さ、計り知れなさをよく描いています。 先日日本で、父親が妻と子供を殺害し放火したニュースがありました。子煩悩な優しい父親だったと近所の人は語っていましたが、仕事は妻が介護士で夫は脱サラし主夫状態の動画編集業だったとか、そんな仕事は遊びにしかなりません。 […]
評価
観て良かった
4.0
ストーリー
4.0
演出・テンポ
4.0
映像
4.0
音楽
4.0
心に残る
4.5

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。