クチコミの評価
4.21
カテゴリー
クチコミ
4.21
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
4.50
ストーリー
4.00
演出・テンポ
3.50
映像
4.50
音楽
3.50
心に残る
5.00
詳細情報

自分の息子を殺害した少年に対峙する男を描いたドラマ。監督・製作・脚本は「ロゼッタ」のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟。出演は「天使の肌」のオリヴィエ・グルメ、新鋭のモルガン・マリンヌほか。2002年カンヌ国際映画祭主演男優賞、エキュメニック賞特別賞、同年ファジル国際映画祭グランプリ、主演男優賞、同年ベルギー・アカデミー最優秀作品賞、監督賞、主演男優賞受賞。

2002年製作/103分/フランス
原題:Le Fils
配給:ビターズ・エンド
劇場公開日:2003年12月13日

ストーリー
オリヴィエ(オリヴィエ・グルメ)は職業訓練所で大工仕事を教えている。ある日、そこにフランシス(モルガン・マリンヌ)という少年が入所してくる。彼は大工のクラスを希望したが、オリヴィエは手一杯だからと断り、フランシスは溶接のクラスに回される。しかしオリヴィエは人に気づかれぬよう、フランシスを追う。そんな彼の行動を、別れた妻のマガリ(イザベラ・スパール)がなじる。フランシスは、彼らの息子を殺害して少年院に入っていたからだ。しかしオリヴィエとフランシスは徐々に打ち解け合い、ある時、共に材木の仕入れに行くことになる。だが材木置き場に到着した時、オリヴィエはついに、フランシスが殺したのは自分の息子だったことを告げる。逃げるフランシス。オリヴィエは彼を捕まえ、首に手をかけるが、すぐに手を放してしまう。そして二人は、一緒に材木を車に積むのだった。

1 - 1/1件中
そこから続く物語
4.2
ダルデンヌという監督は兄弟なのかな、私は大好きになり、彼らの作品は可能な限り観たいとおもいます。 すごい設定のドラマです。息子が殺された、それで恐らく夫婦の関係は壊れ、離婚し、男はただひたすら職業訓練所で前科者に大工仕事を教えている。そこに、父親とは知らずに息子を殺した少年がやってくる。 […]
評価
観て良かった
4.5
ストーリー
4.0
演出・テンポ
3.5
映像
4.5
音楽
3.5
心に残る
5.0

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。