クチコミの評価
2.41
カテゴリー
クチコミ
2.41
5 星
0%
4 星
0%
3 星
0%
2 星
100%
1 星
0%
観て良かった
2.50
ストーリー
1.00
演出・テンポ
4.00
映像
4.00
音楽
3.00
心に残る
0.00
詳細情報

中国の巨匠チャン・イーモウが、1930年代の満州を舞台に描いたスパイサスペンス。

1934年、冬。ソ連で特殊訓練を受けた男女4人のスパイチームが、極秘作戦「ウートラ計画」を実行するため満州国のハルビンに潜入する。彼らの目的は、日本軍の秘密施設から脱走した証人を国外脱出させ、同軍の蛮行を世界に知らせること。しかし仲間の裏切りによって天敵・特務警察に計画内容が察知され、リーダーのチャン・シエンチェンが捕まってしまう。残された3人と彼らの協力者となったジョウ・イーは、どうにかピンチを切り抜けるべく奔走するが……。

出演は「山河ノスタルジア」のチャン・イー、「わたしは潘金蓮じゃない」のユー・ホーフェイ、「ドリアン ドリアン」のチン・ハイルー、「1950 鋼の第7中隊」のチュー・ヤーウェン、「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」のリウ・ハオツン。2021年・第34回金鶏奨で監督賞、主演男優賞(チャン・イー)、撮影賞を受賞した。

2021年製作/120分/PG12/中国
原題:懸崖之上 Cliff Walkers
配給:アルバトロス・フィルム
劇場公開日:2023年2月10日

1 - 1/1件中
私スパイでござる
2.4
クールでセンス良く見ごたえがあるから観られるが、話は全く入ってこなかった。 みんなアホにみえた。はい、私スパイでござる、という服装、立ち振る舞い、一体何にそこまで命をかけているのかまるでみえてこなかった。 巨匠のナルシスト映画であり、巨匠の大好きなロリコン趣味の作品かなとおもった。
評価
観て良かった
2.5
ストーリー
1.0
演出・テンポ
4.0
映像
4.0
音楽
3.0
心に残る
0.0

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。