クチコミの評価
4.01
カテゴリー
クチコミ
4.01
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
4.50
ストーリー
4.00
演出・テンポ
4.00
映像
3.50
音楽
3.50
心に残る
4.50
詳細情報

実際にあった事件をもとに、赤子を奪われた母親の悲哀と絶望や事件を追う新聞記者の苦悩と葛藤を、モノクロ&スタンダードの画面で描いたサスペンスドラマ。ペルーの女性監督メリーナ・レオンの長編デビュー作で、カンヌ映画祭監督週間で上映されたほか、アカデミー賞の国際長編映画賞に向けたペルー代表作品に選出された。1988年、政情不安に揺れる南米ペルー。貧しい生活を送る先住民の女性ヘオルヒナは妊婦に無償医療を提供する財団の存在を知り、首都リマの小さなクリニックを受診し、そこで無事に女児を出産する。しかし、直後に院外へと締め出され、生まれたばかりの娘を何者かに奪い去られてしまう。夫とともに警察や裁判所に訴えるが有権者番号を持たない夫婦の言うことは誰も取り合ってくれない。泣きながら新聞社で窮状を訴えるヘオルヒナから事情を聴いた記者のペドロは、事件を追って権力の背後に見え隠れする国際的な乳児売買組織の闇へと足を踏み入れる。

2019年製作/97分/ペルー・フランス・アメリカ合作
原題:Cancion sin nombre
配給:シマフィルム、アーク・フィルムズ、インターフィルム
劇場公開日:2021年7月31日

1 - 1/1件中
名もなき歌ばかり
4.0
また、いつもの自分に戻った感じでいつもの名もなき映画を。 2019年製作、2021年公開とはおもえない作品だ。モノクロの16ミリ、8ミリにもみえる小さな暗い4/3の作品で昭和初期のような作り。 実際に起きた事件を題材にした作品だそうだが、あまりにも虚しい。何ひとつ解決しない。映画に溢れるのは深い悲しみと […]
評価
観て良かった
4.5
ストーリー
4.0
演出・テンポ
4.0
映像
3.5
音楽
3.5
心に残る
4.5

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。