クチコミの評価
3.81
カテゴリー
クチコミ
3.81
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
5.00
ストーリー
3.00
演出・テンポ
3.50
映像
3.50
音楽
3.00
心に残る
5.00
詳細情報

フランスを代表する映画作家アニエス・バルダが、さすらいの末に凍死した少女が死に至るまでの足取りを描き、1985年・第42回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞に輝いた作品。

冬の南フランス。片田舎の畑の側溝で、18歳の少女モナが凍死体となって発見された。ヒッチハイクをしながらあてのない孤独な旅を続けていたモナが命を落とすまでの数週間の道程を、彼女が路上で出会った人たちの証言を通してたどっていく。

「仕立て屋の恋」のサンドリーヌ・ボネールが主演を務め、「昼顔」のマーシャ・メリル、「ふたりの5つの分かれ路」のステファーヌ・フレス、「セラフィーヌの庭」のヨランド・モローが共演。フランスでは当時100万人を超える動員を記録し、バルダ監督最大のヒット作となった。

1985年製作/105分/フランス
原題:Sans toit ni loi
配給:ザジフィルムズ
劇場公開日:2022年11月5日

その他の公開日:1991年11月2日(日本初公開)

1 - 1/1件中
私が感じる生きづらさ
3.8
私のために作られた映画かよというくらいドキドキしてしまいましたし、私が作りたい映画もこんな感じなんです。結局私が感じる生きづらさというのは、社会に適応できない、居場所がない、私らしく死ぬまで楽をして生きたいだけなんですと教わりました。その通りです。 社会に適応できないから、どうやって生き […]
評価
観て良かった
5.0
ストーリー
3.0
演出・テンポ
3.5
映像
3.5
音楽
3.0
心に残る
5.0

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。