クチコミの評価
3.81
カテゴリー
クチコミ
3.81
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
4.00
ストーリー
4.00
演出・テンポ
4.00
映像
4.00
音楽
3.50
心に残る
3.50
詳細情報

近未来のデンマークを舞台に、世界的に高まりつつあるナショナリズムの問題をスタイリッシュな映像で描いた政治サスペンス。23人の犠牲者を出した爆破テロ事件から1年が経った2025年のコペンハーゲンでは、移民排斥を訴える極右政党が支持率を上げていた。移民や難民に対するヘイトクライムが激化する中、19歳のアラブ系移民ザカリアはそれに対抗する過激派組織に入り、党首の暗殺を命じられる。自身もイラク移民の両親を持つウラー・サリム監督の長編デビュー作。「トーキョーノーザンライツフェスティバル2020」や「SKIP国際Dシネマ映画祭2019」では「陰謀のデンマーク」のタイトルで上映。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2021」上映作品。

2019年製作/120分/PG12/デンマーク
原題:Danmarks sonner
配給:キングレコード
劇場公開日:2021年2月12日

1 - 1/1件中
不都合な問題
3.8
フセインやビンラディンは排除したがプーチンや金正恩はそのまま、何万人の死者を出しても、何兆円の軍事費をかけてもそこには触れない。 排除しても不都合な問題が存在するのだろう。 デンマークという国の移民問題だが世界に共通する。リーダーを倒してもなお、より一層の憎悪と復讐の連鎖が起きる。 この […]
評価
観て良かった
4.0
ストーリー
4.0
演出・テンポ
4.0
映像
4.0
音楽
3.5
心に残る
3.5

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。