クチコミの評価
3.61
カテゴリー
クチコミ
3.61
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
3.50
ストーリー
3.50
演出・テンポ
3.50
映像
3.50
音楽
3.00
心に残る
4.50
詳細情報

パルムドールを受賞した「ロゼッタ」「ある子供」など、カンヌ国際映画祭の常連として知られるベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟が、オスカー女優のマリオン・コティヤールを主演に迎えた一作。体調不良で休職していたサンドラは、ようやく復職の目途が立つ。そんな矢先のある金曜日、会社が職員へのボーナス支給のために1人解雇しなくてはならず、サンドラを解雇すると通告してくる。同僚のとりなしで、週明けの月曜日に職員たちによる投票を行い、ボーナスをあきらめてサンドラを再び迎えることに賛成する者が多ければ、そのまま復職できることになる。それを知ったサンドラは週末、同僚たちを説得してまわるが……。

2014年製作/95分/G/ベルギー・フランス・イタリア合作
原題:Deux jours, une nuit
配給:ビターズ・エンド
劇場公開日:2015年5月23日

1 - 1/1件中
別の生き方、考え方
3.6
こんな地味なテーマでよくぞという作品です。 私にも似た経験があり、少しだけ就業していた会社で資本金だけはすごいが、業績はひどくリストラが始まり、私はこんな仕事はお遊びだ、新規で採った若者を育てもせず解雇するなんてひどいと暴れまくったが、私自身は優秀だったので(自慢ではない)残って欲しいと […]
評価
観て良かった
3.5
ストーリー
3.5
演出・テンポ
3.5
映像
3.5
音楽
3.0
心に残る
4.5

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。