クチコミの評価
4.21
カテゴリー
クチコミ
4.21
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
5.00
ストーリー
4.00
演出・テンポ
3.50
映像
4.00
音楽
3.50
心に残る
5.00
詳細情報

母親を亡くしたダウン症の女性が残された父と2人で旅をし、悲しみを乗り越えて互いに理解を深めていく姿を描いたヒューマンドラマ。明朗快活なダウン症の女性ダフネは、スーパーで働きながら両親と平穏に暮らしていた。しかし、母マリアが亡くなったことで生活が一変。年老いた父ルイジは自分が死んだら娘がひとり残されてしまうという不安にかられ、ふさぎ込んでしまう。そんな父にダフネは、一緒に母の故郷の村を訪ねてみようと提案。その旅は、母であり妻であった愛する人の死を乗り越え、父と娘が互いを理解しあうための、かけがえのない時間になっていく。監督は、長編劇映画はこれが2作目となるフェデリコ・ボンディ。2019年・第69回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で国際批評家連盟賞を受賞。ダフネ役のカロリーナ・ラスパンティは自身もダウン症で、ボンディ監督に見いだされて本作で演技に初挑戦した。

2019年製作/94分/イタリア
原題:Dafne
配給:ザジフィルムズ
劇場公開日:2021年7月3日

1 - 1/1件中
しんどくて当たり前
4.2
私の雑多な鑑賞経験からするとイタリア映画はすごい。 人の悲しみも貧しさも喜びも、泣きも笑いも、全部調味料のごとく入ってる。しかもしゃれたウィットで入れてくる。 最後まで、気楽に楽しくみていたのに、ラストシーンの数秒だけで泣いてしまいました。 ダウン症の人をみたことも、少しだけ関わったことも […]
評価
観て良かった
5.0
ストーリー
4.0
演出・テンポ
3.5
映像
4.0
音楽
3.5
心に残る
5.0

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。