クチコミの評価
3.31
クチコミ
3.31
5 星
0%
4 星
0%
3 星
100%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
4.50
ストーリー
2.50
演出・テンポ
2.50
映像
3.00
音楽
3.00
心に残る
4.00
詳細情報

イランの名匠アッバス・キアロスタミによる「ジグザグ道3部作」の第2作で、1990年のイラン大地震後、前作「友だちのうちはどこ?」の出演者たちの安否を確認しようと被災地へ向かう監督親子の旅を再現したロードムービー。イラン北部で起きた大地震は「友だちのうちはどこ?」を撮影したコケール村にも容赦なく襲いかかった。監督は映画に出演した兄弟の安否を確認するため、息子を連れて被災地へと車を走らせる。地震から半年後に実際の被災地で撮影を行い、当時イランの経済庁で働いていたファルハッド・ケラドマンを監督役に抜てき。地震で崩壊した村の悲惨な現状をありのままに捉えながら、人間のたくましさと生きることへの希望を映し出す。特集企画「そしてキアロスタミはつづく」(2021年10月16日~、東京・ユーロスペースほか)にてデジタルリマスター版を上映。

1992年製作/95分/G/イラン
原題:And Life Goes On
配給:ユーロスペース
劇場公開日:2021年10月16日

その他の公開日:1993年10月23日(日本初公開)

1 - 1/1件中
映画のカタチをとったドキュメンタリー
3.3
アッバス・キアロスタミは好き嫌いがわかれるだろう。映画というよりほぼドキュメンタリーに近く、演者はそこらへんの素人で、素人を集めて映画を撮る映画などを作っちゃいます。実験的といえばいいのか趣味の延長みたいで、そこに壮大なストーリーはありません。彼らの日常です。これは「ジグザク3部作」呼ば […]
評価
観て良かった
4.5
ストーリー
2.5
演出・テンポ
2.5
映像
3.0
音楽
3.0
心に残る
4.0

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。