クチコミの評価
4.41
カテゴリー
クチコミ
4.41
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
観て良かった
4.50
ストーリー
4.00
演出・テンポ
4.00
映像
4.00
音楽
5.00
心に残る
5.00
詳細情報

フィンランドの名匠アキ・カウリスマキが5年ぶりにメガホンをとり、孤独を抱えながら生きる男女が、かけがえのないパートナーを見つけようとする姿を描いたラブストーリー。カウリスマキ監督による「パラダイスの夕暮れ」「真夜中の虹」「マッチ工場の少女」の労働者3部作に連なる4作目で、厳しい生活の中でも生きる喜びと誇りを失わずにいる労働者たちの日常をまっすぐに映し出す。

フィンランドの首都ヘルシンキ。理不尽な理由で失業したアンサと、酒に溺れながらも工事現場で働くホラッパは、カラオケバーで出会い、互いの名前も知らないままひかれ合う。しかし不運な偶然と過酷な現実が、2人をささやかな幸福から遠ざけてしまう。

「TOVE トーベ」のアルマ・ポウスティがアンサ、「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」のユッシ・バタネンがホラッパを演じ、「街のあかり」のヤンネ・フーティアイネン、「希望のかなた」のヌップ・コイブが共演。2023年・第76回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。

2023年製作/81分/G/フィンランド・ドイツ合作
原題:Kuolleet lehdet
配給:ユーロスペース
劇場公開日:2023年12月15日

1 - 1/1件中
笑いながら泣いた
4.4
やっと観ました。どうせカウリスマキ節で同じだろうとおもってましたが、進化していました。相変わらず貧乏で不器用な2人ですが、交わす言葉は少なく、代わりにカウリスマキが大好きな音楽の歌詞が、益々ストーリーを補完していました。犬も相変わらずでした。もうこれが最後かもしれないし、まだあと一本くらい […]
評価
観て良かった
4.5
ストーリー
4.0
演出・テンポ
4.0
映像
4.0
音楽
5.0
心に残る
5.0

お問い合わせ

会員は著者にお問い合わせが出来ます。